上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
牛蒡(ごぼう)について

「K部長の広大な畑で 繊維がいっぱいの健康野菜
大好きな牛蒡を作って!」とお願いしたら・・・
なんと!k部長は人生初で牛蒡の種を少し前に蒔いたと云ってくれた。

しかし1週間くらいしかたってないのに
「5月に入ったらやり直しする」と云う。なんで。。。

ご近所の方に 4月に牛蒡の種をまくのは
「死にごぼう」で家人に死人がでると聞いたそうです。

「死に牛蒡」ってなんじゃ?

4月に蒔くと間引きの時期が梅雨時に重なることと関係して
梅雨の時期に間引きをすると腐敗しやすくなり生育不良を起こす。
良い状態で育てる知識からきたのかあ~うんうん!
それにしても
「死までもってこないでもお~・・・」
ちょっと脅迫し過ぎじゃないの!!!
昔の方は 物を大切にする。
芽生えた命を無駄にしない表れかもしれない。。。
そうにしよう!!

「牛蒡って字は なんで牛つくの?」 

古く薬草として中国から伝来したもので、漢語の「牛蒡」が語源。
中国では草木の大きなものに「牛」が冠される。
「牛蒡」の「蒡」は、ごぼうに似た草の名に使われた漢字で、
それらの植物より大きいことから「牛」が冠され「牛蒡」になった。
そうです。

疑問も解決!
K部長は5月になったら もう一度 蒔くとのこと(嬉)
収穫が楽しみです(いつ収穫できるか知らないのですが)

ちなみにHanaさん 牛蒡ではなく 大根のような女です(えへへ)
スポンサーサイト
テーマ:野菜づくり
ジャンル:趣味・実用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。